2006年11月07日

湯たんぽ(δεδ)。o○

寒ッ

どもッ

最近、愛犬フクちゃんを湯たんぽ替わりに布団にしのばせている千枝未ですm(__)m





久々に詩とメロディを思い付きました。

。・:*:・゜’★,。・:*:・゜’
大人になるのが
怖かったあの頃思いだすよ
無邪気な心が
消えてしまうと思っていた

突然降った雨の中
フードに頭を隠し
稲光が走った瞬間
私の中に流れる音

それはいつしか
抱えている
私の不安を消してゆく
もぅ笑えないと
思っていた
私を許して下さい


寒くなったね と
感じた風と落ち葉の数
月日が過ぎてく
また新しい色に染めてゆく

濡れた地面踏み締めて
前よりもっと力強く
上を向いて感じる雨
冷たさをそっと感じてた

それはいつしか
抱えている
私の不安を消してゆく
もぅ笑えないと
思っていた
私は笑っていた

。・:*:・゜’★,。・:*:・゜’

まだ中途半端だけどねf^_^;

おとつい?雨が急に降った時パ〜っと思い付いたので載せてみました☆


ってかまぢ寒いしッ

冬眠しなきゃッ|おっさん| λ....


いやいやッ

寒い時こそ、外に出なきゃ!!!!!

給料入ったら暴れまくるぞ〜ヾ(^▽^ヾ)♪ヾ(〃^▽^)ノ☆


旅行とかどっか遊びに行きたいなぁ☆

しかも団体とかでッ(笑)

修学旅行みたいなんしたいッ\(≧▽≦)/



そんな千枝未でした〜★∵:・.
posted by CHIEMI at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。